スポンサーサイト

  • 2018.08.02 Thursday
  • カテゴリ : -

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -
  • -

「トランプと習近平」

今朝、フロリダから帰ってきたばかりです。

空港で集金平!間違った習近平さんに会いました。

とても緊張してました。。。。。習緊平でした。



一方トランプさんは相変わらずマイペースですれ違いざまに私にスペードのエースを手渡してくれました。

私はキャンディーズのファンなのでハートのエースが欲しかった←何言ってんの?



あっ!今日は政治ネタではありません。



食べ物ネタですから安心してください←安心の意味がワカラナイ






話は飛ぶよ・・・・・










「胡」って文字は見たことあるでしょ。。。。





どのような文字が思い浮かびますか?


なんとなく、中国が関連してる感じはしますよね!



中国から見て西の方、すなわち「西城」と呼ばれる中央アジアと往来が開かれたのは漢の武帝の時代です。



日本でも鎖国が終えて外国との貿易により見たこと、食べたことのないものが入ってきたでしょ。


年代的には全然違いますがイメージ的にはそんな感じ(どんな感じ?)



西方に産するいろんな食物が中国へなだれ込んで来ました。


まず葡萄が来ました、石榴(ザクロ)も来ました。


見たことも食べたこともないものがドンドン入って来ました。


分かるでしょ、日本の鎖国明けと同じです





中国人が見たことないんですから、当然名前はありません。




そこで中国人は在来のものから似たものを選び「胡」の字をつけて呼んだのです。


胡というのは中国から見て北方や西方の外国人をさす言葉です←ここ大事!試験に出るよ


瓜に似て細長いもの、それを胡瓜と名付けたのです。


在来の菜(な)と違うそれを胡菜と呼んだ。アブラナである。


豆(ダイズ)より大きいのは胡豆!ソラマメですよ。


麻 の実は古くから食用にしてましたが、これと似て違うもの・・・・・分かりますでしょ、胡をつけるといいんです。つまり胡麻です。



桃に似てるのは、分かりますよね!


胡桃だよ〜ん!!!!


似てますか。。。。似てるって言えば似てる(笑)





さて一番メジャーなのは




椒(しょう)とは和名のさんしょうであって辛い。


そこへもっと辛い味の粉がインドから入ってきた←本来ならインド人がびっくりなんですがこの時ばかりは中国人がビックリ!











勿論、皆さん分かりますよね。。。。胡椒です。






胡椒は中国人だけじゃなく西欧人は胡椒を知ると眼の色を変えたのです←だから青い眼なのか?


中世における輸入物資の最大のもとなったのです。





話戻るよ・・・・・










フロリダの米中首脳会談も永田町の安倍政権も本町界隈のスナックも全部「胡散臭い」ですか?



あっ!「スナック紅」は別です←一度遊びに行ってください。



低料金設定で低サービス徹底です←こらっ!






応援の「わん」クリックお願いします。

 

北海道ブログ 函館情報ブログランキングバナー

スポンサーサイト

  • 2018.08.02 Thursday
  • 17:03
  • カテゴリ : -
  • -
  • -

コメントする








   
この記事のトラックバックURL


  • 「夕焼け」
    佐野勝彦
  • 「猛暑・酷暑」
    24moko24
  • 「猛暑・酷暑」
    佐野勝彦
  • 「雨を楽しみたい・・・・」
    24moko24
  • 「雨を楽しみたい・・・・」
    佐野勝彦
  • 「ふらりと散策 函館山 雲海」
    24moko24
  • 「ふらりと散策 函館山 雲海」
    佐野勝彦
  • 「ふらりと散策 船溜まり」
    24moko24
  • 「ふらりと散策 船溜まり」
    佐野
  • 「ふらりと散策 アジサイ園」
    24moko24

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

qrcode

PR