スポンサーサイト

  • 2017.10.23 Monday
  • カテゴリ : -

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -
  • -

「夕焼け」




 

いつものことだが

電車は満員だった。

そして

いつものことだが

若者と娘が腰をおろし

としよりが立っていた。

うつむいていた娘が立って

としよりに席をゆずった。

そそくさととしよりが坐った。

礼も言わずにとしよりは次の駅で降りた。

娘は坐った。

別のとしよりが娘の前に

横あいから押されてきた。

娘はうつむいた。

しかし

又立って

席を

そのとしよりにゆずった。

としよりは次の駅で礼を言って降りた。

娘は坐った。

二度あることは と言う通り

別のとしよりが娘の前に

押し出された。

可哀想に。

娘はうつむいて

そして今度は席を立たなかった。

次の駅も

次の駅も

下唇をギュッと噛んで

身体をこわばらせて−−−。

僕は電車を降りた。

固くなってうつむいて

娘はどこまで行ったろう。

やさしい心の持主は

いつでもどこでも

われにもあらず受難者となる。

何故って

やさしい心の持主は

他人のつらさを自分のつらさのように

感じるから。

やさしい心に責められながら

娘はどこまでゆけるだろう。

下唇を噛んで

つらい気持ちで

美しい夕焼けも見ないで。

 

【夕焼け】吉野弘作









画像は上は室蘭市   下は小樽市



で、応援の「ワン」クリックお願いします。

 

北海道ブログ 函館情報ブログランキングバナー

スポンサーサイト

  • 2017.10.23 Monday
  • 22:13
  • カテゴリ : -
  • -
  • -

みてますね・・心温まる一遍です。拍手”
  • 佐野勝彦
  • 2017/05/27 10:21 AM
コメントする








   
この記事のトラックバックURL


  • 「永田町には鬼が居る」
    24moko24
  • 「小魚には水が必要か?」
    24moko24
  • 「永田町には鬼が居る」
    佐野
  • 「小魚には水が必要か?」
    佐野
  • 「あれから・・・・2年経ちました」
    24moko24
  • 「あれから・・・・2年経ちました」
    佐野勝彦
  • 「夕焼け」
    佐野勝彦
  • 「石崎地主海神社」
    24moko24
  • 「石崎地主海神社」
    さのかつひこ
  • 「一笑一若  一怒一老」
    24moko24

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< January 2018 >>

qrcode

PR